seseragiseven

日記を読むこと、書くこと

人の日記やブログを読むことが好きだ。
仕事上メディアサイトや情報ブログを読むことも多いのだけど、日記やエッセイ、随筆みたいな、その人の考え方が分かるような文章が好きで、何人か自分のfeedlyに登録してある。

日記を読んでいると静かな気持ちになれるというか、一度落ち着くことができて個人的に満足な気持ちになれる。その一方で熱い気持ちが生まれたりすることもある。静かで熱い気持ち、これは僕の中では結構好きな気持ちのひとつで、書いている人の考え方が分かる良い日記を読むとその気持ちになれることが多い。
また、日記の中の素晴らしさと自分とを対比してしまって軽くダメージを受けることもあるけど、このままではいけないなという気持ちと半々なので、それはそれで良い気もする。

こうやって日記なるものを書いていて思うんだけど、「良い日記を書く技能」というものがこの世には存在する、と思う。いわゆる人の気持ちに作用するエッセイとかを書く技能みたいなもの。できるならこれを高めれたら良いなと思う。でも、それは話の構成の仕方とかそういう技術面での話で、書いている自分の中の考えにまでその技能を影響させたら、日記として本末転倒だと思う。
日記だから不確かなことを書いているけど、ちゃんと人に届くように細部はちゃんとする、そういうような文章をかけるようになれたらいいなと思う。

この記事をシェアする

コメントを残す

カテゴリー

人気の記事