seseragiseven

「戦略シミュレーションゲームの作り方」買った

昨日天神のジュンク堂書店に立ち寄り、いつものクリエイト系棚をウロウロしてたら見つけた。そして色んな種類のゲーム制作本を3時間ぐらい見まくった結果、選んだのがこれ。

戦略シミュレーションゲームの作り方
GAMKIN株式会社 ロバート・ジェイ・ゴールド
翔泳社
売り上げランキング: 22,202

ゲームってものを作ってみたかった

この手の本購入理由はこれに尽きると思う。僕は昔からカードゲームやボードゲームのルールを考えるのが好きで(まともなのはなかった気がするけど)いまも仕事の合間にいつか使うかもと思いながらゲームのルールを考えたりしている。これを使う機会は今まで訪れたことはなかったけど、もしかしたらここで使えるかもしれない。なんにせよまだパラパラ見ただけでちゃんと読んでないので、それから考えることにする。

この本に決めた理由

でもなぜ数あるゲーム制作本の中でこの本を選んだのかというと「JavaScriptで書かれているから」「キャラが萌え風味でモチベが保てそうだから」という安易な感じ。

js用のゲームライブラリEnchant.jsが以前から気になっていたのもあり、自分が分かる言語からとりあえずやってみようと思った。Unityの本も沢山あって3Dゲームが簡単に作れそうだったからだいぶ迷ったけど、最初からハードル上げすぎるのもあれなので。

あと、キャラが可愛いというのは結構大きい。キャラが可愛いとそのキャラをもっといろいろ動かしたいという欲求が湧いてきて、その道中の苦難に対抗できるようになる。いろんなキャラ増やしたいな~とかの欲望が増えるとそれはもう作業ではなくなるので非常によろしい。とりあえず最初は書かれている通りに、楽しく作っていければいいと思う。

この記事をシェアする

コメントを残す

カテゴリー

人気の記事